同じ扱い|もしものときに備えてペット用品や葬儀についてを考慮
犬と女性

もしものときに備えてペット用品や葬儀についてを考慮

同じ扱い

ペット葬儀

ペットの葬儀業者を利用する

これまでは飼っていたペットが亡くなってしまったからといって、わざわざ人間並みの葬儀を行いたいと希望するような人はほとんど存在していませんでした。しかし、最近は大切な生活のパートナーとしてペットを飼育する人が多くなってきたため、人間と同じような形式で最期の見送りをしたいと希望する飼い主が多くなってきています。その要望に応えるために登場してくるようになったのが、ペット葬儀を専門に取り扱う業者です。普通の葬儀業者にペット葬儀を依頼しても、ほぼ確実に断られてしまいます。でもペット葬儀の専門業者はペットの葬儀だけを専門に取り扱っていますので、様々な要望に柔軟に対応してくれるようになっています。自治体の動物遺骸回収サービスに遺骸を引き渡して済ませるだけでは悔いが残ってしまうという人が大勢存在していますので、今後はペット葬儀業者を利用する人が増えるだろうと予想されています。

利用する際の注意点について

ペット葬儀業者の多くが個別火葬サービスを提供していますが、遺骨を返してもらった場合、将来的にその取り扱いに困ってしまう可能性が出てきます。たとえ自分の家のお墓を持っていたとしても、そこにペットの遺骨は納骨できないようになっているケースが大半です。いくら自分の家のお墓だったとしても、墓地の利用規約を守らないと、お墓の使用権を剥奪されてしまうおそれがあります。ですので、人間用のお墓に納骨することはまず無理だと考えておく必要があります。一番望ましいのは、ペットの遺骨の供養サービスを提供しているペット葬儀業者を利用するという方法です。たとえば、ペット専用霊園を運営していたり、散骨サービスを提供している業者が存在しています。そのような業者を利用するようにすれば、ペットの遺骨の取り扱いに困ってしまう心配がなくなります。